日本の伝統食品を守る会

日本の伝統食品を守る会

Association to protect 
TRADITIONAL FOOD JAPAN
-  tfood-japan.com  -

日本の伝統食品・伝統製法を守る会

地域資源と産業を融合し低コストで商品開発を行うことで、量販店の店頭での商品販売を実現する6次産業化支援の会

〜生産者・食品製造者・資材販売者・食品卸・小売をつなぎ低コスト商品開発と量販店販路開拓を支援するプラットフォーム〜

日本の伝統食品を守る会

6次産業とは?

農林漁業者(1次産業)が農産物などの生産物の価値を高め、それにより収入を向上していくことです。生産物の価値を上げるため農林漁業者が生産だけでなく、食品加工(2次産業)や流通・販売(3次産業)にも取り組み農林水産業を活性化させ農山漁村の経済を豊かにしていこうとする取り組みです。

「6次産業」という言葉の6は農林漁業本来の1次産業だけでなく、2次産業(工業・製造業)・3次産業(販売業・サービス業)を取り込むことから1次産業の1×2次産業の2×3次産業の3のかけ算の6を意味します。

動画紹介

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

『日本の伝統食品を守る会』
公式チャンネルはこちら

商品のご案内

地域の皆さまと一緒に商品開発した商品をご案内しています。

メーカー別商品案内

こちらでは、メーカー様別に商品をご案内しています。

目指すは量販店定番化と全国商品展開!

そのノウハウを共有するための会が
『日本の伝統食品を守る会』です。

日本の伝統食品を守る会

日本の伝統食品を守る会について

商品開発支援

商品開発支援として、商品規格の立案(販売価格や容量から逆算した商品規格作成)支援・パッケージ開発支援・資材や包材の低コストソーシン支援・などを行います。

販路開拓支援

販路開拓支援として、販売準備支援(提案書や規格書作成支援)・物流商流構築支援・販促動画作成支援・関東ショールームの活用などに対応しています。

情報交換会の開催

勉強会兼情報交換会の開催・懇親会の開催など行っていきます。

入会のご案内・会員企業様一覧

現在は九州地区・山陰地区・山口地区で会員さまを募集しています。また会員企業様をご紹介します。

量販店の店頭に商品が並ばない3つの理由

なぜ、自社で商品を開発しても、簡単に量販店の店頭に商品が並ばないのでしょうか?その3つの理由を詳しく解説します。

関東ショールームのご案内

千葉市の関東ショールームで商品をご確認いただけます。
バイヤー様からの連絡をお待ちしております。

キーワード:

六次産業化,六次産業化プランナー,六次産業化法,六次産業 補助金,六次産業化 メリット,六次産業化 課題,六次産業 英語,六次産業化 事例,六次産業化アワード,六次産業 とは,六次産業 企業,六次産業 失敗,六次産業 助成金,六次産業 会社,六次産業 意義,六次産業 影響,六次産業 海外,六次産業 加工品,六次産業 観光,六次産業 関東,六次産業 起業,六次産業 許可,六次産業 記事,六次産業 効果

Association to protect TRADITIONAL JAPANESE FOOD